carpe diem

フランスに留学中。健康で文化的な生活を目指す。

OFIIと滞在許可証と

あっという間に10月中旬。そろそろフランスに到着して2ヶ月が経過してしまう。到着したときは半袖でも暑かったのに、今ではすっかり秋(というか冬)になってセーターにコートを装備しないと外に出られない気温になってしまった。南仏特有のミストラルと呼ばれる北風が寒いのなんの。これのお陰で雲一つない真っ青な空が見られるらしいのだけど、肌寒くなってからの北風はつらい。これから冬になるにつれて気温がどんどん下がるのだと思うと憂鬱である。

 

8月の終わりに書類をOFIIに送ってから一ヶ月半弱。ようやく滞在許可証を手に入れることが出来た。この手続きは入国してから3か月以内に済ませないと違法滞在とみなされるのでなるべく早く済ませたかった。

今週の火曜日、18日に手続きを完了させるためにマルセイユに行ってきた。周りの人の話を聞くと近くの県庁で手続きができるらしいのに、何故かわたしはマルセイユに呼び出されてしまった。一人で全く知らない街(しかも外国)を歩くという経験は初めてだったので前日の夜は緊張してよく眠れなかった。パリに次ぐ大都市なので、それなりに軽犯罪は多いだろうなとも思っていたし。

当日、寝坊したので急いで駅に向かうと乗る予定だったTGVが40分遅延してるとのこと。そういえば起床後寝ぼけながら確認したメールに「機械トラブルでダイヤが乱れるかも」って書いてあったかもしれない……と思い出す。

おそらく日本だと駅員さんに詰め寄っている人や電話で謝っている人、タクシー乗り場に集まる人々等がいると思うのだけど、フランスではそういう人はいなかった。「も~!またかよ~」みたいな感じで、みんな適当に時間を潰していた。

それを見ていてわたしも「まあ、電車動いているからいいか……」みたいな気持ちになって、ホストファミリーが貸してくれた本を読んでいた。

TGVでは4人掛けの席に座ることになってしまい、わたし以外の3人が同じグループだったので気まずい時間を過ごした。

途中、「50セントを恵んでください」と車両を回って来た人にはびっくりした。細かいことは聞き取れなかったけど、数ユーロ必要だから一人50セントずつ恵んでくれとのこと。こういう人は滞在先の街でもいるのだけど、電車内にもいるとは。道端とは違って逃げ場がないので困った。結局お金は渡さなかったのだけど、もやもやした気持ちが残った。こういった状況でお金を渡すべきなのか、渡すべきではないのか、分からない。

そんなこんなで予定より40分強遅れてマルセイユに到着。前日は雨が降っていたので天気が心配だったが、その不安は杞憂だった。

 

めちゃくちゃ天気がよい。(写真にある観覧車は回転が速い上に窓も壁もないカゴみたいな作りなので高所恐怖症でなくても怖い)

指定された時間まで少しだけ時間があったので、Vieux Port(旧港)と呼ばれるところで昼食を食べた。牡蠣やムール貝を食べようかとも思ったけど、一人で食べきれるか分からないのでモロッコ料理を食べることにした。(ご存知の通り、マルセイユはアラブ系アフリカ系の移民が多い街である)

 「Le souk」 というお店。

www.restaurantlesouk.com

マトンのクスクスを食べた。急いで食べたので写真はないけど、美味しかった。ただ量が多くて大変だった。たぶん2人分くらいあった。トッピング?の赤い唐辛子ペーストみたいなものが癖になる味だった。辛いんだけどコクが出るのでたくさんかけて汗をかきながら食べた。マトンが柔らかくておいしくてずっと食べ続けられるなと思った。

わたしが食べたのはランチセットなのだけど、セットのデザートが豪華でびっくりした。パイのお菓子とチョコレートムース。ビスケット一つとかではないのよ。しかもおいしい。観光地ということを考えても、全部で15.5ユーロは安いのではないのではないかしらん。

 

モロッコ料理を堪能したあとは急いでOFIIへ。最寄りのメトロの駅からOFIIへの道が分からなくて、ちょっと駅周辺をうろうろした。近くのベンチで本を読んでいた老紳士にと声をかけると、嫌な顔ひとつせず教えてくれた。しかも、近くのお店の店員さんに確認までしてくれた。わたしも日本に来た外国人に優しくしようって思った。

親切な老紳士のお陰で指定時刻の5分前にOFIIの前に到着することができた。既に扉の前には大勢の人が集まっていた。やはりアラブ系とアフリカ系が多い。アジア人は私を含め5人ほどしかいなかった。

 

持って行ったものは以下の通り

・パスポート

・呼び出し状

・住居証明(ステイ先のマダムが書いてくれた。あとマダムの身分証明書のコピー)

・証明写真

・58ユーロ分の収入印紙(ネットで購入して印刷した)

基本的にはこれだけでいいのだけど、このほかに

・英文の診断書

・予防接種歴

を持参した。

 

受付を済ませると次はレントゲン撮影。レントゲン撮影が終わると次は看護師さんによる予防接種歴の確認。わたしはあらかじめ用意していたのでスムーズに終わった。その後、身長と体重測った。なんと身長が1センチ伸びていて笑った。あと少しで170センチ台に突入する。喜んでいいのかな。

最後は、医師による先ほど撮ったレントゲン写真を用いての健康診断。たばこを吸っているかの質問された。あとは手術を受けたことがあるか、病気にかかっているかどうか。持病があるので主治医に書いてもらった英文の診断書を渡すと病名と服用している薬を記録していた。そして血圧を測ってもらい、健康診断はおしまい。

その後は受付で持参した書類を提出した。その時に、ビザが切れる後もフランスに滞在する予定があるかどうかの確認をされた。すべて問題ないということでパスポートにシールを貼ってもらえた。これで手続きが完了。無事に終わってよかった。

手続きにかかった時間は1時間半ほど。日本で通院している病院では一回行くと大体2~3時間かかるので早く感じた。

 

帰りのTGVまで時間があったので少し観光することにした。

有名なBasilique Notre Dame de la Gardeという大聖堂に行くことに。高台にあるのでバスで行った。車一台が走るのもギリギリの細い道をバスが走るので冷や冷やしながら乗っていた。途中で車とすれ違う時は接触しないように祈ってしまった。この大聖堂が終点らしく、ずっと乗っていれば着く。旧港からだと60番のバスで行ける。

中はとても派手。好き嫌いが分かれると思うけど、わたしは好き。航海の安全を祈願して正面には船の絵が描かれている。

f:id:hmnmn:20161019180101j:plain

この大聖堂からはマルセイユの街を一望できる。この景色がとても綺麗で、風が強かったけどしばらく眺めていた。綺麗な色。海で泳ぐのは好きじゃないけど、海を眺めるのは好きだなと思った。なんか、よくわからないけど、世界は小さいようで大きくて、大きいようで小さい。

大聖堂のあとは街を散策して洋服を買って帰宅。ずっと気になっていたCOSに行けたので大満足。

一日中歩いていたのでステイ先に着くころにはへろへろだった。玄関のカギを開けて、ホストファミリーの顔を見たらすごくほっとした。家に帰って来たんだって思った。この感覚は今までなくて、今回が初めてだった。だんだんこの街に、ステイ先に馴染んでいるってことなのかなあ。